mocha *life*

14 March 2011

11日に突如起きた東北地方太平洋沖地震のあまりの被害の大きさに
毎日ただただ呆然とするばかりです・・
被災地の方達の不安な気持ち、いまだ家族の安否が分からない方達の心中を思うと
胸が締め付けられます。
横浜も地震発生時刻には今まで体験したことのない大きな揺れがあり
家の中のものが落ちて割れたりなどしました。
家にひとりでいた私は、半分パニックになりながら
慌ててサンクを抱きかかえテーブルの下に潜りましたが
家がギッシギッシと大きくきしむ音、陶器が落ちて割れる音に歯と歯が合わなくなりました。
間もなくして中学校から泣きながらakaneが帰ってきましたが
仕事に出ている夫と、遊びに出掛けていたyujiとは
当然のことながら携帯もまったくつながらず。。。
災害伝言ダイヤルに録音しようと思ったら、こちらにもつながらず、
余震のなか不安な気持ちになりました。
でも、テレビで次第に明らかになっていく東北地方の映像を見て
神奈川の地震の揺れを上回る震度、そしておそろしい津波の被害を知りました。

今もテレビでは宮城の南三陸町で千体の遺体が発見されたと言っています・・・
こんなことが起るなんて・・・という言葉しか出てきません。。
昨日、スーパーに買い物に行ったら、パンやお米は棚にひとつもありませんでした。
支援物資として送るために、こちらの方面への出荷制限をしているようです。
ああ、当然のことだ、と思いました。。。
私たちは家がきちんと残っていて、食料も手元に今あるのですから。
また、節電のための計画停電の一環で交通機関はどの路線も今朝から
運休する区間を設けたり、間引き運転をしています。
我が家の最寄りの駅も電車は完全にとまっていて、
隣の駅からでないと横浜駅方面に出られません。
そのため、隣の駅には早朝から電車に乗るために数時間並ぶ人たちであふれているようですが
ささやかでもこうしたことが被災地の方達の、今現在の、そしてこれからの厳しい現状のために
被害をまぬがれた私たちのできることのひとつなのかもしれないと思います。。

道路などが寸断されていて救援物資がなかなか届かないという現状で、
小さい子供と避難しているお母さんなどはミルクや食料、おむつの不足に
どんなに心細い気持ちでいることでしょうか。。。
少しでも早く、物資が届きますように・・・

西荻窪のスワンスワンさんで10日からプチイベントが行われていて、
mochaも3点ですが納品しました。
が、スワンさんもこの余震が落ち着くまでは念のためお店をお休みにされるそうなので、
またopenになった時に
私も納品したものを紹介したいと思います。


[PR]
by mocha-life | 2011-03-14 15:11 | 製作や日々のこと