mocha *life*

7 September 2011

e0184268_16372769.jpg

台風の影響を心配していた嵐の国立競技場コン、無事に行われて
友人やakaneと、今年もギュッと濃い3時間を過ごしてきました。
2日の公演は4日に変更になり、3日も朝から風が強くて
午前中まで「中止になってしまったら。。」とドキドキしましたが
正午過ぎのファンクラブからのメールの「予定通り開催します」の文字にホッと一息。
あとはあまり土砂降りにならないことを祈りながら国立へ。
ライブのスタートとダブルアンコールの時に、まるで演出のようにサーッと雨が降って
それもまた忘れられない風景になりました。
ありったけのパワーを7万人に与えてくれる5人のパフォーマンスや歌声、
幸せな気持になる笑顔で、胸がいっぱいになる3時間。
大ちゃんが毎回言うけれど、本当に「国立祭り」(笑)
今年は天候の影響で通しリハがほとんど出来ずぶっつけ本番に近い状態だったと
あとからテレビで知りましたが、
そんなことをほとんど感じさせない彼らでした。
そして毎年しつこく書いてますが、
今年の翔さんも、クラクラするくらい素敵でした。。笑

嵐つながり、翔さんつながりではありませんが;
昨日「神様のカルテ」を観に行ってきました。
ひとりの人が最期の時間を迎えるとき、どんなふうに過ごせたら
一番幸せなのだろう。。と、いろいろ考えさせられました。
それはその人の環境や考え方によってそれぞれなのだろうし
患者さんの立場、医療に携わる側の立場によってもまた
違ってくることもあるだろうし、
答えがひとつではないのでしょう。
一止さんは口が達者でも熱血タイプでもないけれど
お医者さんも血が通った人間ということを感じさせてくれるような
せつなさや悲しさを同じように感じるような先生で、
答えははっきりとわからなくても、そうやって気持ちに寄り添ってくれる先生に出会えたら
きっと幸せだろうなぁ・・と思いながら観ました。

ちょっと。。ポロポロと泣きすぎて、見終わったらひどい顔でしたが;
翔さんのくるくるパーマの頭も、2時間のあいだにすっかり見慣れていました(笑)
余談だけど、一止さんのキャラクターを表現するのに
翔さんのあのなで肩がとってもピタッときていたような気がします^^


e0184268_1638664.jpg

今日、ゴスペルのお教室の体験に初めて行ってきました。
子供の時からずっと大好きな音楽、
小学生からエレクトーンを習って、高校でバンドに熱中して、
でもその後はたまにカラオケで唄うくらいで(笑)今は音楽は聴く専門だけれど
音楽無しの生活は考えられないくらいです。
そんな中ずっと、いつかやってみたいと思っていたのがゴスペル。

1年ほど前にお隣に引っ越してきた若くて可愛らしいママさんと
時々いろいろお話をさせてもらっているのですが、
たまたま彼女が近くの地区センターでゴスペルを習っている。。と聞いて、
思わず「えっ、ゴスペル!」と異常に反応した私に
「あら!興味あったらぜひ一緒に♪」と言ってくれて、
即座に「行きますっ。」と答えました(笑)
初体験でドキドキしながら行ったレッスン、緊張していたのは最初だけで(^_^;)
私はすぐにめちゃめちゃ楽しくなって、唄う楽しさがガーっとこみ上げてきて
帰りには誘ってくれたお隣ママに「ぜひ一緒に通わせて♪」と言っていました(笑)
年齢層もいろいろで、私の母くらいの年齢の方がとっても楽しそうに唄っていたり
ママと一緒に来たおチビちゃんたちがゴスペルに合わせて踊っていたり^^
素敵な空間でした。
いただいたCDを早速聴きながら、次回を楽しみに
製作の合間に練習しよう♪と思っています。
思いかげないラッキーな出来事、ワクワクします。

[PR]
by mocha-life | 2011-09-07 16:43 | 製作や日々のこと