mocha *life*

26 March 2012


shop用の新しいがま口ポーチが出来ました。
今までの定番がま口ポーチは、幅12センチの口金を使っていますが
リクエストをいただいたので新しく幅15センチの口金バージョンを
今回はshopにupいたします。
15センチ幅ですと、横に広いタイプのファンデーションのケースなどの出し入れが
しやすい大きさになります。
シルエットは12センチのものと同じ、底にダーツをとってふっくらと膨らませた形です。

種類は2種類。
どちらもサークルレース地とリネンの組み合わせで爽やかに。。

e0184268_17312068.jpg

ひとつは生成りベースで、シックな大人の雰囲気に。
レース地に使われている糸と刺繍糸の水色が、これからの季節に似合いそうです。

e0184268_17314689.jpg

もうひとつはコバルトブルーのレース地と焦げ茶リネンでノスタルジックに。
グリーン系と焦げ茶の色の組み合わせがとても好きです。
焦げ茶の生地を広げていると、どうしてもグリーン系の布を使いたくなってしまう・・・(笑)

バッグの画像とともに、これからshopページ用の画像処理を始めますので
もう少し時間がかかりますが、よろしかったらupの際には遊びにいらしてみてください。
topページ、blog、そしてメルマガでお知らせをいたします。

**********************************

e0184268_17322557.jpg

昨日、新国立美術館の「大エルミタージュ美術館展」を見に行ってきました。
いやあー。。素晴らしかったです。
16世紀から20世紀までの西洋美術の変遷がよくわかる展示のおかげで
いわゆる著名な画家の名前しか知らない私でも
その歴史やそれぞれの時代の素晴らしさを堪能できました。
16世紀の宗教画も、20世紀のマティスのような前衛的な絵画も一堂に鑑賞できるのは
とても魅力的ですね。
久しぶりに気持ちが潤うような時間でした。

一緒に行った友人と、ランチを食べたあとミッドタウンに移動してお茶しながら
またあれこれとおしゃべりに花が咲き・・・
この前一緒に映画見に行ったばかりなのだけれど、なぜこんなに話に花が咲くのでしょう(笑)
リフレッシュできたので、これからshop準備頑張ります^^

あ、その映画は「レンタネコ」だったのですけど
日常のだれもが持っているようなヒトコマや感情を
非日常な「寂しい人に猫をレンタルする」というテーマで描いていて、
荻上さんらしい描き方を楽しませてもらえる映画でした。
かもめやプールなどもそうですが、繰り返される毎日のなかで
ちょっとした出来事(当事者にとっては大きなことなのかもしれません)が
少しずつ人をいろいろな方向へ動かしているんだということを
荻上さんは上手に描きますよね。。。

それにしても、市川実日子ちゃんはいい味出しますね〜。
すっごくスタイルがよくて素敵なのだけれど、いわゆる”モデルさんの別世界の人っぽさ”が無く。。
ちょっと拗ねたような目つきとか、ふてくされたような口調とか
でも芯がある雰囲気とか・・・上手に演じますよね。
荻上作品以外の彼女の映画を見てみたいな。



[PR]
by mocha-life | 2012-05-26 17:34 | 製作や日々のこと